スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, pookmark

ポータルサイト

パソコンに長けた方には、何を今さらの話。

パソコンで、インターネットに接続して最初に開いた画面を、ポータルサイトと言う。
ポータルとは、入り口を指す言葉で、インターネットへの入り口の意味がある。
このポータルサイトで、検索機能を利用し、様々なページへ移動していく。

パソコンを買った時、プロバイダーの設定をしてインターネットに繋ぐことが多いので、nifty、So-net、BIGLOBE、OCNなどのトップページをポータルサイトにしている方が多いかも知れない。
また、Yahoo!JAPANやLivedoor、MicrosoftのMSNなどをポータルサイトにしている方も多いと思う。

私がパソコンでインターネットの画面を開くと、朝日新聞のインターネット版asahi.comが開く。
自宅で朝日新聞を購読しているが、パソコンを使って仕事をしているので、asahi.comの情報は便利だ。
地域の情報ページにも飛べるし、天気や交通情報、株価、為替などの情報を見ることができる。
ここからメールの着信を確認している。

利用者の多いブラウザー(インターネット閲覧ソフト)である、Internet Explorerでポータルサイトを設定する方法は下記の通り。

まず、Internet Explorerでお好みのページを表示させて、ブラウザーの一番上にある、ツール→インターネットオプションと選択し、ホームページと書かれた窓に表示されているURL(ホームページのアドレス)を確認し、現在のページを使用のボタンをクリックする。

または、この窓に、好みのホームページのトップページURLを入力する。
これで、次回からインターネットを開いた時、お気に入りのページがポータルサイトになる。

パソコンを自分専用に変えて、使い易くしてみてはいかがだろう。












at 02:36, chile-holic, もう少し便利に

comments(0), trackbacks(0), pookmark

Google Earthで世界の地震をリアルタイムにチェック

Google Earthで世界旅行を楽しんだり、フライトシミュレーションで航空機のパイロット気分を楽しんでいる方も多いと思う。

ここ数日、伊豆半島沖で群発地震が起きたり、台湾東部でM6.7の地震も起きた。

地震の震源地を確認したい方に、Google Earthのレイヤー機能を紹介したい。

アメリカの地質調査所(USGS)では、世界の地震の発生状況をリアルタイムで公表している。
このデーターを、Google Earthに組み込むと、過去の地震データーや直近の地震発生箇所が表示される。

この機能の使い方は、下のサイトに詳しい。

グーグルアースのレイヤー機能を極める!

Google Earthがもっと面白くなるかもしれない。








at 18:50, chile-holic, もう少し便利に

comments(0), trackbacks(0), pookmark

パソコンのフリーソフトを使いこなす

パソコンの操作に慣れている人は、すでに使っていると思うが、ワープロや表計算、Microsoftのパワーポイントのような、プレゼンテーションソフトなどを統合したオフィスソフト、Open Office(オープンオフィス)の紹介。

Open Office(オープンオフィス)は、MicrosoftのOfficeのファイルを読み込むことができ、無料で使える。
MicrosoftのOfficeとの互換性を謳っているが、一部誤変換が見られる。
Microsoftに使い慣れた方には、使い方が一部異なるので、覚えるのに多少の努力が必要だ。
でも、毎年のように、新しいバージョンを買い足すこともないので、国や地方の公共団体でもこのソフトを導入するところが増えている。

このソフトの使い方は、ユーザー会のサイトに詳しく載っている。

こんな便利なソフトを開発してくれた皆さんと、このソフトを丁寧に解説するサイトを立ち上げてくれた皆さんに感謝!
とても便利なソフトなので、ぜひ試していただきたい。

OpenOfficeのダウンロードの方法と使い方は、下記のサイトで。
OpenOffice.org日本ユーザー会


ちなみに、Macを使っている方は、NeoOfficeを。
NeoOfficeのダウンロードは、下記のサイトで。
NeoOffice

NeoOfficeのセットアップの方法は、下記のサイトで。
NeoOfficeのセットアップの方法





at 13:59, chile-holic, もう少し便利に

comments(0), trackbacks(0), pookmark

ちょっと便利にパソコンの文字入力

パソコンの操作に長けた方には、今更と思うが、パソコンでの文字入力の話。

パソコンでの文字入力は、日本語変換ソフトに依存している。
Windowsの場合は、MS-IME(Input Method Editor) という。

このソフトの働きにより、ローマ字からひらがな/カタカナへの変換、かなから漢字への変換などを行っている。
このソフトは、もともと英文を書くためのソフトだったため、日本語変換が甘いのが特徴だった。
日本語変換で、思わぬ言葉に変換され戸惑うことが多いと思う。
よく使う言葉は、単語登録するなどIMEを鍛えることにより、学習して正しい変換が行われていく。

このWindowsに標準搭載されているIMEも、最近は、改良が加えられ使いやすくなっているようだ。

文章を書くことが多い方は、日本語入力に適した、日本語変換ソフトを試されてはいかがだろう。

JUST SYSTEMの日本語ワープロソフト「一太郎」に搭載されているATOK(エイトック)は、日本語変換がスムースに行える。
ATOKは、単独でも販売されている。
金額が張るかもしれないが、日本語の誤変換にイライラしている方には最適なので、試してみてはいかがだろう。
わたしは、WindowsとMacを利用しているが、両方ともATOKを利用している。


次回は、JUST SYSTEMが運営していた、日本の方言に関する情報交換のサイト「ぼべりぐ」について。
日本語の方言が分かり、面白いサイトだったが、サービスが終了してしまうことは残念だ。





at 10:51, chile-holic, もう少し便利に

comments(0), trackbacks(0), pookmark