<< 救命講習を受講しよう! asahi.comからの情報。 | main | 小麦粉とコンプライアンス >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, pookmark

パソコンのセキュリティソフト

PCがダウンしたので、パソコンのセキュリティソフトを変えた。

3年程、CAセキュリティソフトを3台のWindows PCで利用していたが、JUST SYSTEMのカスペルスキー優待の案内があったので、カスペルスキーに乗り換えた。
この2社のソフトでPCをスキャンすると、いままで検出されなかった不正ファイルがたくさん検出された。

いままでは、検知率の高さと価格をセキュリティソフト導入の判断基準としていた。
自宅でWindows PCを2台とMacにしたので、更新を期にセキュリティソフトの再検討をした。

1.PCに負担が掛からない。
2.費用がそれほど掛からない。
3.検出率が高い。
4.WindowsとMacで利用できる。

各社の試用版を、利用して動作環境や検知率などを参考に試用を重ねた。
そこで分かったのは、いままで言われていたウイルスの検知とは、PCに取り込まれたウイルスを検知する能力のことだった。

しかし、セキュリティソフトで本当に必要なのは、PCをインターネットに接続した状態で、ウイルスがPCへ進入するのを防ぐ防御力が備わっていないと、PCをウイルスから守ることができないと言うことが分かった。
ウイルスバスター2010は、防御力、検知率とも群を抜いていて、セキュリティソフトの総合防御力で1位になっていた。
さらに、うれしいことに、ウイルスバスター2010は、WindowsとMacの組み合わせで、3台まで導入できる。
MacとWindowsの組み合わせができるのは、ウイルスバスターだけではないだろうか。

Macはウイルスに強いと言われているが、転ばぬ先の杖として、ウイルスバスター2010を導入した。
PCへの負担も少なく、快適に使っている。

ウイルスバスター2010の試用版は30日間無料で利用できるので、試してみてはいかがだろう。


















at 21:47, chile-holic, ちょっと気になる

comments(0), trackbacks(0), pookmark

スポンサーサイト

at 21:47, スポンサードリンク, -

-, -, pookmark

comment









trackback
url:http://townpeople.jugem.jp/trackback/156